モーターなんとかダイアリーズ

人間が垣間見える長くない話をネタ探しもしないでテキトーに

凄い変な夢

商店街にある中華料理屋でおぎやはぎが、入り口に背を向けて仲良く台湾スイーツを食べている15時過ぎ。

いいなと思い駅前に行くと小木と別れた矢作に会う。さっきの店に連れて行って欲しいと頼むが、小木との大切な店だからそれは無理と断られる。駅前の別の中華屋でお茶することにする。

店内の奥に押入れのようなスペースが半冷凍になっている。フグが入っている言われるが、見るとアザラシも入っている。アザラシですかと店のお婆ちゃんに聞くとフグイヌだと言う。

よく見ると首が長くて顔は犬。全体的に白くて可愛い。じゃれてくるのでなでて遊んでいると「散歩に行ってきて」とリードを渡される。

外に出ると真っ暗で土砂降り。カッパを着てしょうがないなと外に出るとイヌがめちゃくちゃ力強く走り出す。ひっぱられながら時折自分の体が宙に浮き、タクシーなどを避けつつ住宅街へ。

何故か中国まで来ている。そこでスマホを落としたことに気づく。

肝を冷やして急いで店に戻るもやはりスマホはなく、絶望するという夢。