モーターなんとかダイアリーズ

人間が垣間見える長くない話をネタ探しもしないでテキトーに

隣の芝生は超ブルー

器用な人がうらやましいよ。

その人は前の会社に在職中にうちの会社に転職を決めた人なんだけど、

うちの会社で働きながら何食わぬ顔して、転職活動してました。

同じように去っていく。

そんな器用さが羨ましいよ。

つぶれるまで働いて、辞めたら長いこと無職でそんな自分がバカバカしくなる。

自分がやたら惨めたらしくなるときってあるよね。

赤ちゃんの泣く理由

名馬プケファロスを皆が暴れ馬だと思っていた

実際は自分の影に怯えていただけ

現象の本当の原因を見つけること

わからぬまま騒ぐと恐怖がでかくなる

あぁ、これのせいだったのか!

いち早くそこに辿り着ける賢さ

これは本当に難しいね

アランは単純明快に話すけれど

睡眠の質バッド

ここのところ眠りの質が悪い。

アレルギーで鼻が詰まる

いびき

眠り浅くて不快

悪夢

最悪な気分で明け方に起きる

パターンが続いている。

悪夢はトラウマの蓋が開いてしまう。

 

仕事で精神的にまいってしまって辞めたときのこと、

本当は苦手な父という存在

心の弱さに負けて罪を犯してしまったこと

 

克服したつもりで生きているんだけど、古傷が痛む時がある。

 

最悪な気分で目覚めると、その陰鬱な気分に全身が支配されてしまっている。

 

どうしたものか。

月見をしようと誘われて

人を操作することで人生うまくやろう

孤立しないで生きようと

企ててる人が、会社には沢山いる。

そういうことが好きな人になら最高に楽しい環境だろうなぁ!

僕はそういうことに無頓着だから、いいようにハメられることが多い。

だがしかし!

それで良いのかもと最近は思ってる。

向いてないことをやってもしょうがないんだし、

自分が凛と立っていることのほうがかなり重要だと思っているから。

また居場所がなくなるならつらいことだけどね。

不戦日記

近所のスーパーに出入り口が2箇所あるんですが、最近かたいっぽうが封鎖されてしまった。

貼り紙が貼ってあって、万引き阻止のためとあった。

なんだか時勢だなぁと思った。コロナ禍で家庭で過ごす時間が増えてアットホームな世の中になるのかと思いきや、やはり不況のあおりや病の恐れで不安になった人の心はさもしくなってしまうのか。

山田風太郎の戦中派不戦日記を読みはじめたのですが、なんだか今にピッタリの言葉がたくさんあって衝撃。

百年前に書かれた日記なのに。

 

"その汚さが改めて分かるようになったころには、すべての汚さが心身ともに沁み込んでしまって、これまた特別の感動を受けるような生活の切れ目がなかった。"

これは東京の銭湯についての言及だけど、日々の生活を言い得て妙だなと思った一文。

 

"全地球を覆うこの民族的大闘争は何か。わが祖国現時の大苦戦を招きしものは、物量の不足、科学の水準、政治の朦朧、こくみんのすいじゅん、一々点検して蒼然たり。"

これは戦争についての言及だけど、コロナ禍の世界情勢や日本の状況に酷似しているなと思った次第。